社会人から言語聴覚士を目指す

言語聴覚士(ST)になるには国家資格の取得が必須ですが、国家資格の受験資格を得るためには大きく分けて2つの方法があります。
1つは高校卒業後、認可を受けている大学や短期大学、専門学校に進学し、3〜4年のカリキュラムを修めること。もう1つは分野を問わない4年制の大学を卒業した後、指定の大学や大学院の専攻科や、専門学校へ進学し、卒業することです。
(なお外国で言語聴覚士の専門教育を受けている場合は、日本の専門学校等へ進学は不要となり、厚生労働大臣の認可を受けることで国家試験を受けることができます)
多摩リハビリテーション学院専門学校ではこの2種の手段のうち、後者の4年制大学卒業者対象の学科を設置しています。
明確な理由と志を持って入学する学生が多く、それに応えるためにも一人一人に合わせたサポート体制を整えています。

言語聴覚士は日本でまだあまり知られていない分野です。
言語聴覚士はリハビリ職とされるものの一つで、他に理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、視能訓練士(ORT)があり、それぞれに国家資格が必要となります。 この4種の中でも理学療法士や作業療法士に人気が集まる傾向にあります。しかし言語聴覚士は1997年に国家資格になってから毎年増加を続けており、特に社会人からリハビリ職へ転職する人が増えています。
そうした需要から大学卒業者向け学科を設立し、即戦力の言語聴覚士を毎年送り出しています。
言語聴覚士を目指せる専門学校も増加傾向にあり、需要に合わせ今後も拡大が予想されています。

言語聴覚実習風景

○社会人から言語聴覚士を目指すメリット

言語聴覚士は国家資格が必要な職業なので、簡単に転職することは出来ませんが再進学をする方が多いです。というのもやはり資格が必要な専門職なので失業の心配が少ないこと、また復職や転職が比較的望みやすい仕事という理由があります。また言語聴覚士ならではのメリットとして、社会人経験を積んでいるからという理由も存在します。言語聴覚士は多くの経験が活かせる職業なのです。
言語聴覚士は話すことや聞くことが何かしらの原因によって困難となっている患者さんと接し、その原因を明らかにした上で改善を促すためにリハビリテーションを実施する仕事です。そのため一般職であればビジネスシーンで身につけた折衝スキルがマナーや振る舞いに出てきて良い信頼関係を築く要素となります。福祉・介護職だった場合は領域が似ているため適性が高く、特定の年齢の患者さんに対するコミュニケーションスキルがそのまま活かせるでしょう。 その他でもコミュニケーションが重要な仕事なので、専門知識や趣味の領域でもそれまでの様々な情報やノウハウを用いて活躍できるのが魅力です。

○多摩リハビリテーション学院専門学校の言語聴覚学科

本学の言語聴覚学科は入学の条件に大学を卒業、または卒業見込みの方としていますが、入学される方は大学卒業後に社会人を経験されている方も多いです。ご自身や親族の方が言語聴覚士にお世話になったため、自身でも目指したくなった。という方が少なくありません。そういった方が多いため、皆さん日々の勉強は大変としながらも支えあいながら、同じ志を持って言語聴覚士を目指します。
1年次は基礎知識を、2年次には国家試験対策を中心に専門分野を修得していきます。実習も2年間で合計約3〜4カ月の期間しっかり設け、卒業後の国家試験だけではなく即戦力の言語聴覚士となれるよう最後までフォローしていきます。
カリキュラムとしてはリハビリテーション専門職としてチームで協力し合えるように、グループワークを中心に自身で問題解決に積極的に取り組める環境を作っています。
2年間という短期間で即戦力になるために必要な知識と技術はしっかりと抑えつつ、言語聴覚士として欠かせない患者さんやその家族と真摯に向き合えるような人材育成を目指しています。
言語聴覚学科
カリキュラム







また医療分野のカリキュラムを組んでいる学科・コースは、在学年数も長めで比較的学費がかさみがちです。高い学費が障害となって進学を諦めてしまう方も、多摩リハビリテーション学院専門学校では独自に学費サポート制度を整えているため、活用いただきながら卒業までサポートしております。
学費サポート







○言語聴覚士の仕事内容

言語聴覚士は医療分野の職業で、医療従事者としてリハビリテーション専門職と呼ばれる仕事の内の一つです。リハビリ専門職には理学療法士(PT:physical therapist)、作業療法士(OT:occupational therapist)、視能訓練士(CO:Certified Orthoptist)があり、それに加えて言語聴覚士(ST:Speech-Language-Hearing Therapist)が位置付けられています。
アメリカでは聴覚療法士と言語療法士で分かれています。いずれも国家資格が必要な専門職として、認可を受けた専門学校や大学での指定科目の履修と、国家試験合格が義務付けられています。
リハビリ専門職なので、言語聴覚士の主な仕事内容はリハビリテーションの考案や指示、支援を行うものです。
人は加齢や病気、事故、生まれつきの障害等、様々な原因により話せない状態や耳が聞こえない状態になってしまう可能性があります。言語聴覚士はそうした患者さんをまず診察し、何が原因なのかを見極め、どうすれば改善できるのか考案し、実際にそのリハビリを実行・アドバイスを行います。時には前述の他3職とも連携しながら、患者さんの快方に向けて出来ることを考えます。
患者さんの年齢層は非常に幅広く、幼児から高齢者までいらっしゃる上に障害の原因ばかりか一人一人の性格も当然異なります。何が最適なのか、パターン化せずに一人一人に対して丁寧に見極めていくことが重要なので、専門学校や大学で学ぶ知識以上に現場経験がとても大切です。
専門学校では実習の時間も豊富に確保していますが、普段の生活でも人に対する観察力を養うため、言動や様子から察せる情報を増やしていく訓練をしておけると理想です。
先輩からの
メッセージ






○言語聴覚士のやりがい、魅力

高齢化社会が進む昨今の日本では、医療職や介護・福祉分野の需要が非常に高まっています。そのため広い年齢が患者の対象となる言語聴覚士の需要も年々増加しており、多くの病院を始め福祉施設等で求人が増加しています。そうした就職先で活躍する多摩リハビリテーション学院専門学校の卒業生に聞いてみると、やはりやりがいとして一番多いのは「ありがとう」と患者さんに言ってもらえることです。
言語聴覚士が対象とする患者さんは、話すこと、聞くこと、または嚥下等も関わることから食事についても改善を目指すことになります。いずれも人として生きるにあたってとても大切な機能であり、無事取り戻せた時の喜びはひとしおです。
中には日々のリハビリですぐに効果が出ないことにいら立ち、言語聴覚士に辛く当たる患者さんもいますが、相手の気持ちもくみ取りつつ真摯な対応を心掛け、粘り強く施術を行うことが大切となります。
また言語聴覚士の仕事は機能回復までではなく、社会への復帰も含まれます。しゃべれるようになったから終わり、聞こえるようになったから終わり、ではなく、しっかり意味を解しながらコミュニケーションが取れること、また長いリハビリ生活で疲れた心を回復させるのも重要です。
言語聴覚士に憧れて目指す人が多いように、自身に憧れてもらえるような接し方を常に考え、実施していくことが大切となるでしょう。そうしてまごころ込めて続けていれば、頼られるやりがいを感じられるようになるはずです。
他にも患者に子どものリハビリテーションも行う言語聴覚士の特徴として、成長、教育に関わる点があります。吸収の速い子どもは経験する全ての事象が成長、教育に繋がり、場合によってはその子の人生に大きな影響を与えかねません。そのため小児領域を担当する際はその自覚をしっかりと持ち、成長、教育に携われることをやりがいとして、患者さんと向き合っていくことが求められます。
このように言語聴覚士のやりがいは大変なこと、苦労と表裏一体な側面があります。
しかし言語聴覚士にしか出来ないことの多い専門職であり、患者さん一人一人にとって掛け替えのない療法士となれる魅力的な職業と言えます。

コラム:リハビリとAIの関係について~

コラム:柔道整復師、看護師と理学、作業の違いについて~

コラム:作業療法士・理学療法士の国家試験の内容とは?~

コラム:理学療法士のやりがいは?~

コラム:リハビリ分野の年齢別の平均年収っていくら?~

コラム:スポーツ分野にも関わっている理学療法士の仕事内容について~

コラム:東京の1番西にあるリハビリテーションの専門学校「タマリハ」~

コラム:作業療法士のやりがいは?~

コラム:リハビリ分野の年齢別の平均年収っていくら?~

コラム:作業療法士の仕事は無限大!その仕事内容について~

コラム:作業療法士になるために 「養成校の選び方」~

コラム:社会人から言語聴覚士を目指す

コラム:学校・教育現場の言語聴覚士~

コラム:言語聴覚士のやりがいは?~

コラム:リハビリ分野の年齢別の平均年収っていくら?

コラム:言語聴覚 専門学校または大学? どっちで学ぶ?

コラム:言語聴覚士の仕事・職場、資格取得

コラム:言語聴覚士は開業できるの?